結婚式当日

結婚式当日は新婦は出来れば二時間前までに式場に入るようにしましょう。結婚式当日の行く時間などはあらかじめ結婚式場などから連絡あると思います。結婚式の当日はいつもと同じように朝食をきちんととってから行くようにしましょう。結婚式の披露宴では意外とドレスがきつかったり緊張して食べられない事がありますから、必ず朝ごはんを食べるようにしておきます。そして、新婦は結婚式場に着いたら美容室にすぐに入ってヘアメイクをすることになると思いますから結婚式当日の化粧は薄めにしておくか化粧をしないで出かけましょう。結婚式当日の新婦は何か用事があってもなかなか動くことが出来ませんから母親か姉妹に付き添ってもらうといいでしょう。二次会の幹事代行なら名古屋の名鈴社

 

結婚式当日にそのまま新婚旅行へ出かける人も多いと思いますから空港まで荷物を運んでもらうサービスなどを手配しておくことも忘れないようにしましょう。結婚式の支度が整ったら、控え室で式が始まるのを待つのですが仲人の人にお礼を言ったり介添え人の方にこれからお願いしますと挨拶をしたりします。結婚式当日は緊張するといって表情が硬くなるために、前もって写真撮影をしておく人も最近では増えています。これは賛否両論でやはり結婚式当日の緊張した姿が初々しいという意見もあります。

結婚式の招待状に平服でお越しくださいと書かれていることがありますが平服というのはどのような洋服なのか迷う人も中にはいると思います。

 

結婚式などに行く際の平服というのは略式礼装の事で、正礼装や準礼装に準じる服のことを言います。結婚式の招待状に平服でお越しくださいと書かれていた場合には、礼服でうかがったらこれは、結婚式の招待状に書かれていることを無視したマナー違反とみなされてしまいます。

 

結婚式に平服でと書かれている場合には、格式の高い洋服で出席するのではなくて、新郎新婦、主役を引き立てるような洋服を着て出かけましょう。結婚式でいうところの平服ですが、女性の場合はスーツやワンピースがいいでしょう。スカーフやアクセサリーをつけて少しパーティーな感じに仕上げてもいいと思います。しかし、その際結婚式の花嫁カラーと呼ばれている白い色のドレスだけは避けるようにして、肌の露出や派手な色のドレスもやめましょう。男性ン場合にはスーツとネクタイでいいと思います。結婚式の平服といってもネクタイをしないのは失礼ですからネクタイはするようにしましょう。

 

結婚式の平服で和服を着ていく際にはできれば色無地やつけ下げ、訪問着を着ていくのがいいと思います。

結婚式に出席するといっていたのに、急にその日に急用が出来てしまって結婚式に出席できなくなってしまったときには、当日であればすぐに電話で結婚式にいけなくなったことを連絡しましょう。その場合は、当日ですから料理や結婚式の引き出物なども用意されていると思いますからお祝いの結婚式のご祝儀は必ず贈るようにします。

 

結婚披露宴が始まる間際で欠席が決まった場合などは、会場ですでに料理などがよういされていますから先方に迷惑がかかると思います。ですから、その場合は、結婚する相手と共通の友人などがいれば出席してもらうように連絡するのがいいでしょう。結婚式の当日に急に出席できなくなってしまった場合には、新郎か新婦に連絡をしますが結婚式の当日と言うこともあって忙しくて連絡が取れない場合には、欠席を会場に連絡します。

 

もしも結婚式に出席できない理由が、身内の病気や不幸などの場合には、出来れば結婚式はおめでたい席ですから理由をあいまいにして、日を改めてお詫びとお祝いを兼ねて訪問しましょう。出来るだけ結婚式の当日に欠席になったということは避けたいのですが何か理由があるのならいたし方ありませんが、できるだけ早めに連絡や行動を取るようにしましょう。